トップ / コンピューターのブルーライト

コンピューターのブルーライト

コンピューター注意点

福利厚生

コンピューターが目に与える影響

最近、メガネ屋さんでブルーライトをカットするレンズ付きのメガネをよく目にしますが、そもそもブルーライトを発するコンピューター含む電子機器が目に与える影響について考えたことはありますか。寝る前にコンピューターやテレビ、スマホを触っていたらなかなか眠れなくなってしまった、という経験はありませんか。実はそれ、ブルーライトがメラトニンの分泌をストップさせてしまっていたからなんです。このメラトニンの分泌が妨げられると結果的に睡眠障害を起こし、その状態が続くと最悪別の病気を発症させてしまう可能性だってあるんです。ブルーライトと上手く付き合うためにも、ブルーライトをカットしてくれるメガネを使用したり、1回の電子機器の使用量をご自身で決めてみるのもいいかもしれませんね。

影響力は非常に大きいです

近年、コンピューターが非常に身近になっており、インターネットを使いこなす人が、老若男女関係なく、飛躍的に増加しているようです。調べ物や買い物など、とても便利になっている反面、特に情報量が多すぎて時にはデマといった情報が独り歩きすることもあり、影響力の大きさに社会問題となってしまうことも珍しくはありません。コンピューターは、使い方次第で、善悪どちらにも影響を及ぼすものなので、その莫大な情報の中から真実を見極める能力が必要になります。発信している相手の顔が直接確認できないということは、無責任な情報を流す輩もいるので、自己対策がとても重要になってきます。

↑PAGE TOP