トップ

目的ごとのコンピューターの使用

コンピューターの進歩

福利厚生

コンピューターをより便利に

近年コンピューターは、ますます技術進歩が進み便利な道具になりました。外に出かけることなく、売買、レンタル、銀行取引が行えます。インターネットに接続することにより、幅広く知りたい知識を調べる事もできるようになりました。アドレスを取得していれば、それがインターネット上に接続されている時の住所になり、それにより、メールやホームページのある場所を判断して探してくれます。現在、アカウントを取得すれば、無料でアドレスを作れるサイトもあります。いくつも持つことができるので、仕事用やプライベート用に目的ごとに分けて使えば、より充実します。コンピューターが欠かせない世の中になっています。

用語でよく聞くアドレスとは

コンピューター用語でよく用いられるアドレスとは、インターネット上の住所のようなものです。現実の建物の住所が都道府県、市区町村、番地、部屋番号に分けて階層的に表されるように、コンピューター端末の住所も階層構造で表現されています。インターネット上での端末の住所はIPアドレスと呼ばれ、数字の羅列によって住所を表します。この数字の羅列をアルファベットの単語で表し、人間が覚えやすくした文字列がドメインです。また、数字の羅列と文字列の表記を対応させる仕組みをDNSと呼び、作成された対応表はDNSサーバに保存されています。

↑PAGE TOP